大特のコース解説・写真付き〜その2〜

コース解説の続きです。コース解説・その1から続いています。

方向転換まで
方向転換に進みます。この間、距離は短いですが、しっかりアクセルを踏み、メリハリつけましょう。 なお、右に寄っていた方が入れやすいですが、右に寄る時には、 指示器はいらないが安全確認は必要です。すーっと寄らないように!

T2
京都では右バックの方向転換しかありません。溝蓋を参考にバックします。

飛び出すな
大型ならば飛び出すことがあり得ますが、大特なら飛び出さなくても大丈夫です。 もし出るならば左右確認して。

方向転換後
入ったら左折。特に試験官にアピールする必要なし。 その後、1コースならば右折、2コースならば左折。

障害物
外周に出たら指示速度20km。その後、障害物をよけるので、中央幹線を横切ったぐらいで右折指示、その後右レーンへ。

障害物後
障害物を越えたらすぐ左折です。寄りが必要です。

見通しの悪い左折
この左折はヘアピン?鋭角?なので、左前が離れないように要注意。

すぐ左折
曲がったらすぐ左折なのです。たまに大二が縦列やっていることがあるので、 突っ込まないように要注意!

外周へ
この先を右折します。

右折
外周へ出るのですが、出たら中央幹線で右折なので右側車線に入ります。ここは、

左を見ると
左を見るとこんな感じで、

右を見ると
右を見るとこんな感じと、すごく見にくいです。

踏切
右折したら踏切です。安全確認と、踏切内変速をしないように注意。

コース解説・その3へいきます。

コース解説・その3
このページの一番上へ
トップページへ