トップページ大特一種免許をとる > 大特コース解説・京都

大特のコース解説・写真付き

写真を多数撮ってきたのでコース解説したいと思います。 1コースと2コースとの違いは少しで、方向転換した後にどうやって外周にでるか、だけです。

大特1コース
大特2コース
ビョウ
発進し、ならし走行。すぐに見通しの悪い交差点を右折。 右折時には地面にあるビョウを左タイヤが踏むぐらいで通る。 なお、思いっきり踏んでも構わない。

右折
見通しの悪い交差点を右折。前は優先道路であり、超微速で進む。

左折
中央幹線の信号で左折。左折車線は左に飛び出しており、寄りが必要。

左折
外周を左折。右を見ると、

植え込み
植え込みがありちょっと見にくいので注意。

外周
外周に出たら指示速度20km。ふらつかないようにしっかりハンドルを握ろう。

植え込みで左折
中央幹線に入り、見通しの悪い交差点で左折。

左折
見にくいので注意。超微速。

多いのでコース解説・その2に行きます。

コース解説・その2
このページの一番上へ
トップページへ