トップページ大特一種免許をとる > 大特コース解説・京都・注意すべき場所

大特のコース解説・写真付き〜要注意な場所を挙げておこう〜

コース図を見ながら、確認してください。 なるべくコース順に沿って解説します。

大特1コース
大特2コース
でこぼこ
信号を左折して、外周へ向かうところ。途中、坂道への入り口がありそこでふらつく。

外周
外周、指示速度20kmの地点。ぼこぼこなのでしっかりハンドルを握る。

方向転換へ
方向転換へ向かう道。右によっていたら入れやすいが、右によるときには安全確認。 指示器は必要ない。

左によって出る
方向転換終了後左折で出るが、左折で出たあと、左に寄ってないといけない。 だから、方向転換はなるべく後ろまで入れたほうが後々寄せやすい。

1コースの外周への出口
1コースの場合の中央幹線から外周への出口。 見て分かる通り、曲がりながら出る必要がある。離れないように注意。

右折へ
大型の方向転換があるところ。この後右折するが、この道は一方通行ではないので、 右折といっても右に寄せすぎてはいけない! 車体が道路の右寄りにある、というのでよさそう。

多いのでコース解説・注意点・その2に行きます。

コース解説・注意点・その2
このページの一番上へ
トップページへ